強欲で謙虚な王子録 ~データ2まったり無課金攻略~

千年戦争アイギスの雑感などを書いていくブログです。主にデータ2について書いていきます。

アイギス 第3章砂漠マップの面白さについて


 好感度アイテムが足りなくてアーリーの寝室が見れずやきもきしております、強謙王子です。ラミィにダイアモンドぶっこむんじゃなかった・・・

 前回の記事で第3章の拠点争奪戦・後の攻略について書きました。

 

www.goukenouji.com

  低レベル攻略を目指すも脳鉄王子には荷が重く、納得いく結果を得るまでに何十回とリトライしましたが、その中でこの第3章マップの面白さについて再確認したことや、初めて気づいたことなどがあったのでそれについて書いていこうと思います。

 

 

 

第3章の面白さ その1:いきなり崩されるセオリー

 

 アイギスにおいてミッションがスタートしてまず最初にすることは何でしょうか?

そう、コスト稼ぎのためのユニットを配置することですね。

そしてそれは多くの場合ソルジャーであり、敵のゴールインを防ぎつつ後の展開に備えるためゴール前に配置することになるでしょう。

 しかし、この第3章マップではそれが悪手となります。

何故なら、3章の砂漠マップでは配置したユニットは最大80%体力が減った状態で配置され、敵も強化されているのでヒーラーなどを展開する前にやられてしまうからです。

ではどうすればよいのか?

厄介なマップ特性に加え、序盤の敵の猛攻をしのぐには

初手にアーチャーなどの遠距離ユニットを展開するという方法がベストになります。

この初手ソルジャーという定石をいきなり覆してくるところに第3章の面白さがあります。

 今まで、通用していた方法が封じられ、ここで王子たちは考えることを強いられるわけです。

初手ソルジャーは公式でもケイティの演習において推奨されてきた手ではあるが、果たしてそれで正解なのか・・・と。

そこで発想の転換に至り、序盤の敵が受けきれないなら受けずに倒そうとなるわけです。

f:id:goukenouji:20181211012318p:plain

 また、この初手アーチャーという手は第2章にも示唆されていると私は(勝手に)考えています。

それは王城奪還です。王城奪還では初手にゴブリンの群れ、その後ガーゴイルと序盤からコストがカツカツです。この方法を打破する方法は主に2つで一つはコストを下げた銀、銅ユニットを用いること、そしてもう一つがこの初手アーチャーです。バシラは強力なアーチャーで重点的に育てれば初手でも敵を討ち漏らしません。

後者の方法で突破した人はこの砂漠の攻略もスムーズだったのではないでしょうか。

 ちなみに現在ではトークン持ちコスト回復ユニットである商人がいますが、序盤に所有する人は少ないでしょう。

 

第3章の面白さ その2:個性豊かな敵ユニット

砂漠においては様々な敵ユニットが登場します。

例えば

f:id:goukenouji:20181211004017p:plain

隠密特性を持ったワーム

f:id:goukenouji:20181211003931p:plain

物理がほぼ効かず麻痺を仕掛けてくるサソリ

f:id:goukenouji:20181211003753p:plain

HPを減らすと攻撃力が上がるミイラ

f:id:goukenouji:20181211004220p:plain

防御が低いが魔法耐性が高いデーモン

f:id:goukenouji:20181211004419p:plain

極めつけは高い耐久を持ち範囲攻撃を撃ってくるメイジデーモンです。

これらのユニットは非常に面白い特性を持ちながらも、その特性を理解すればきちんと処理できる敵です。

例えば、サソリやミイラは受けずに魔法攻撃を用いる、ワームはアーマーなどで受けるなどといったことをすれば個々の撃破は簡単です。

しかし、これらのユニットが順番に出てくることは少なくいろんなユニットが混ざって出てくるため対処が難しくなっています。

その混ざり方が絶妙だと私は感じています。

入り乱れる敵ユニットを対処するために、王子たちはマップの研究を始めます。

このマスはミイラが通らないからアーマーを置いても大丈夫、ここにアーチャーを置けばきちんとデーモンを狙ってくれるなどといった考察が行われるのです。

これこそがアイギスの醍醐味であり、達成した時の喜びを増幅させるものでもあると私は思います。

第3章の面白さ その3:必要とされるキャラが多い

 これはその2にも通じるものがあるので短めに書きますが、敵の種類が多く、その特性が偏っているため必要とされるクラスの種類が多くなります。

そして今まで使用してこなかったクラスを知る機会を得るのです。

ここで「ウィッチを使えばいい働きをする」などといった意外なユニットの特性を知り、考察することで所有するユニットに対する理解が深まり愛着がわいてくるのです。

アイギスはキャラゲーとしての側面を持っていますが、それはTDゲームにおけるユニットの特性とは切っても切れないものだと私は考えています。

 第3章を終えるころには、キャラへの理解がますます深まることでしょう。

まとめ

 第3章は初心者王子にとって高いハードルだと思いますが、ハードルが高い分飛び越えた後にはどっぷりとアイギス沼にはまっていることでしょう。

 もしくは最近配られた10連で引いたキャラや黒チケでもらったキャラで楽々乗り越えたという人もいるでしょう。そんな人もまたどこかで躓いたとき、それを攻略する楽しさを味わいながら進んでいってほしいと考えています。

※基本的に私の私見です

 

 先日の記事でなるべく低レベルで拠点争奪戦・後の攻略を行うと言いました。

 

www.goukenouji.com

  現在、動画が撮れた状態で、編集が終わったらYouTubeかニコニコに上げようと思います。

 

それでは