強欲で謙虚な王子録 ~データ2まったり無課金攻略~

千年戦争アイギスの雑感などを書いていくブログです。主にデータ2について書いていきます。

魔神アスタロト攻略!(1) 相性抜群なユニットまとめ!


 どうも、強謙王子です。

今回は魔神アスタロト攻略に有用なユニットを紹介していこうと思います。

魔神の特性とその対抗策についても合わせてどうぞ!

 

 

第一形態は一撃麻痺でダメージ10倍! 第二形態は空を飛ぶ!!

f:id:goukenouji:20181222201451p:plain

 まず魔神アスタロト第一形態の特性ですが、アスタロトの攻撃を食らったユニットは一撃で麻痺するというなかなか厄介なものです。

対処方法として思い付くものは

①受けずに遠距離で削り倒す。

②麻痺耐性ユニットで受ける。

の二つです。

私はこの内②を採用。この辺は所持ユニットで大分変わりそうです。

 次に第二形態ですが、飛行しながらDoTを撒き散らします。攻撃はしてこないようです。

こちらの対処は

①第一形態を隔離された場所で倒し、DoT の届かないロングレンジで削りきる。

②DoT で味方がやられる前にやる。

の二つだと思います。

脳錆脳筋王子である私は当然のように②を選択。

 始めたばかりのデータ2ならともかく、ある程度課金はしてきたデータ1ですからユニットパワーで軽くひねってやりましょう( ^ω^ )

 

アスタロト涙目!? 相性の良いユニット紹介!

 ここでアスタロトに相性の良いユニットを紹介していきましょう。

 

まずは攻撃部門

リキュノス

f:id:goukenouji:20181222203318j:plain

 大討伐でも大活躍の彼女が魔神級でも大暴れです。

一本道に置くだけで優秀な麻痺耐性と十分なステータスを活かして敵を食い止めてくれます。

デューオ、ミネルバ

f:id:goukenouji:20181222203339j:plain

対処しにくい大目玉に対しても、アスタロト本体にたいしても相性の良いユニットです。

今回地味にバフを盛りにくいですがそれでも十分なダメージを与えてくれるでしょう。

イブキ

f:id:goukenouji:20181222203404j:plain

 脳筋御用達のメイン火力。今回は魔法耐性が高い敵が多く、アスタロトの防御も高くないのでダメージソースとして優秀です。

アーシェラ、ナナリー

 魔神級の耐久を持つ大目玉に効果的。おりゃんので詳しくは書けないです。アイギス様下さい!

モルテナ

 使い捨てわんこの便利さは魔神級でも健在!

ただ、今回は毒ダメとタゲ管理の難しさから場所は選びます。

 

次に回復、補助部門

サーリア

f:id:goukenouji:20181222203428j:plain

 エリアヒールで一定時間、範囲内の味方すべてを回復します。このスキルが非常に強力です。アスタロトのDoT に対する最適解と言えるほどで、正直彼女がいるかいないかで大きく難易度が変わるでしょう。対アスタロトにおいてはそれほどのキーマンです(女の子やぞ)

カルマ

f:id:goukenouji:20181222203617j:plain

 一定時間HPが0にならず、受けたダメージの一部を全員の回復に回せるというトリッキーなスキルを持つ彼女。DoTにたいする回復枠として候補に上がりました。

チャンプにお株を奪われがちでしたが、ようやく環境が追い付いたと言えるでしょう。今回は使用しませんでしたがレベル11以降でお世話になるかもしれないです。

ヘルミーネ

f:id:goukenouji:20181222203438j:plain

 彼女の本職は錬金術師ですが、スキルで全体回復も行ってくれます。もちろん本職として攻撃の通りも良くしてくれます。ただ彼女の回復だけでは足りないのであくまで補助と割りきるのが良いでしょう。

マール

 サーリアの代わりに彼女を用いるのも良いでしょう。風水師としての役割も期待できます。

 

 以上、相性の良いユニットでした。

 この他、金光ちゃんやケラウノス王子といったいつもの面々も候補に挙げられますね。

 魔神級はユニット相性が色濃く出ますから戦力層の厚さが問われます。

 

まとめ

 以上、アスタロトに対して相性の良いユニットでした。

無論、ここに挙げられていないユニットでも使い方次第でアスタロトに対抗できるユニットはいるでしょう。

しかし、魔神級はある特定のユニットがクリアできるかの明暗を分けるのも事実です。

これもまた、魔神級がエンドコンテンツたる理由だと思います。

力不足と感じたら、諦めて次回復刻時に回すのもよいかもしれないですね。

私が具体的にどう攻略したかは次回に回そうと思います。

 

それでは!