強欲で謙虚な王子録 ~データ2まったり無課金攻略~

千年戦争アイギスの雑感などを書いていくブログです。主にデータ2について書いていきます。

魔神アスタロト攻略!(4) レベル15を何とか突破!


 どうも、強謙王子です。

今回は、魔神アスタロトのレベル15を無事クリアできたのでその報告と雑感を書いていきたいと思います。

~レベル14クリアの流れ

 レベル14まではレベル10までと同じメンバーでの攻略となりました。

f:id:goukenouji:20181225144902p:plain

 レベル10までからの難易度の変更点は前に記事に書いた通りです。

(↓前の記事)

 

www.goukenouji.com

  まず天候ダメージについてですが、これはリンネを置くだけで解決。やはり彼女の万能さは異常です。

 次に隠密スライムですが、こちらもリキュノスで封殺。スライムのステ自体は大したことありませんからいつの間にか死んでいました。

 

 ここまでは何ら問題なかったのですが、次の2点が難儀しました。

 まず大目玉の処理がきつかったです。特に一番最初の一体と最後のジェットストリームアタックが手間取りました。

最初の一体はまだデュ―オのスキルにマイナスの倍率が大きくかかっているためデューオ一人では処理しきれず、伝説さんにも手伝ってもらいました。

最後のジェットストリームアタックはデュ―オとイブキに消し飛ばしてもらいましたがレベル13の時点でかなりギリギリだった記憶があります。

 

 もう一つはアスタロトのステ、DoTの上昇です。これに関してはこちらのユニットのステータスがどこまで難易度の上昇についていけるかの勝負で、それが出来なければ抜本的に対策を変えなければなりません。つまり配置そのものが悪いということです。

 この2点の課題を何とか死に体でクリアして次の段階。

最終難易度のレベル15で案の定この2つの課題が大きくのしかかることとなったのです。

 

対空戦力の不足 アスタロト第2形態と大目玉が倒せない!

 見ていただければわかる通り、私のパーティーのメイン火力は近接型遠距離攻撃ユニットが大半を占めています。これがどういうことかというと、範囲内に飛んでいる敵以外に地上の敵が存在する場合そちらの方を優先してしまうため対空戦力として機能しないことがあるのです。

純粋に対空戦力と言える遠距離ユニットは海賊2人ですが伝説さんは序盤の大目玉の処理が終わると配置枠の都合上撤退してもらわないといけないため実質デュ―オのみです。

これがレベル15で大きな問題となりました。

飛行型のアスタロト第2形態と大目玉を倒し切ることができないのです。HPを削り切る前に拠点にゴールされてしまい、星を落としてしまいました。

ここで対空火力の増強が第一の課題となりました。

 

回復が間に合わない!

 サーリアとリンネだけでは回復が間に合わなくなりました。アスタロトの耐久が増えてDoTでやられる前にやるという戦法が取れなくなったことが原因だと思われます。

ここでDoTに対する更なる回復ソースが必要となりました。

 

 

アスタロトレベル15攻略!

 他にも大小様々な課題はありましたが、上記の2つの問題を意識してパーティーを組み直した結果、以下のようになりました。

f:id:goukenouji:20181231181825p:plain

 一つ目の対空火力の不足の問題はデュ―オにダンサーを添えることで、二つ目のDoTに対する回復ソースの問題は噂のカルマを抜擢することで解決しました。

 デュ―オはネプチューンに第2覚醒させました。なるべく早めに出して、1匹目の大目玉に2回目のスキルが間に合うよう1回目のスキルを空撃ちさせました。

 ビビアンのスキル使用タイミングは大目玉の最初の一体目、アスタロトの第2形態時の2回です。今回ダンサーというものを初めて使ったのですが、その聞く以上の有用さに今更ながら驚いています。

 また、カルマも今回の魔神にとっての天敵ともいえるくらいの大活躍でした。やはり彼女の有無は今回のクリアに大きく関わってきそうですね。

最終盤面はこんな感じ(見づらくてすいません・・・)

f:id:goukenouji:20181231182552p:plain

 最後の大目玉ジェットストリームアタックの処理にはトワまでも出張ってきてガチの総力戦となりました。

 

まとめ

 魔神級に本腰入れて取り組んだのは実はけっこう最近で、レベル15までクリアできているのはキメリエスとアスタロトだけだったりします。

 ツイッターとかを見ていると10人編成でのクリア報告も上がっており、つくづく自分の脳鉄加減にあきれるばかりです。

それでもやはりクリアできた時はうれしく、声を張り上げるほどでした。

それと同時に安堵の気持ちも湧き出てきて、これで後顧の憂いなく年を越せるというものです。

次の魔神級もこの調子でクリアしていきたいですね。

 

それでは!